「先生!特に用はないんですが…!」

 

続く三者懇談。

 

 

高3生のみなさんと、最後のセンター試験をいかにして突破するか作戦会議。

高2生のみなさんとは、新入試制度をいかにして迎え撃つか作戦会議。

 

 

 

模擬試験やこれまでの学習全体を振り返りつつ、計画についてお話しています。

 

 

 

 

 

 

で、そんな三者懇談の真っ最中に電話。

 

 

 

 

スタッフからの引継ぎで、

 

 

「あの~、〇〇さんっていうマナビスの卒業生という方からお電話でした。」

 

 

「なぬっ!?〇〇さん??めっちゃ久しぶりやな~!」

と、さっそく折り返し。

 

 

 

 

 

 

「井上先生!覚えてますか?四ツ井校でお世話になった〇〇です!!」

 

 

「もちろん!久しぶりやな~!神戸大学に進学したやんな!今何年生??」

 

 

「1年留学に行ってたんです。それで卒業が一年遅れて今4年生です!!」

 

 

「はやっ!時の流れは早いね~!!で、今日はどないしたん?」

 

 

「すみません。。特に何も用はないんですけど、先生のブログを見つけて久しぶりにお話したくなって…」

 

 

「そりゃありがとう!就職活動は終わったん?」

 

 

 

「はい!教育関係も考えたんですけど、自分のやりたいこととかいろいろ考えて〇〇(超大企業)に務めることにしました!」

 

 

 

「すばらしい!おめでとう!!さすがやねぇ。高校時代もいろんなことがんばってたもんな~!部活のキャプテンに学祭の応援団長に受験勉強に…」

 

 

 

「そうでしたね~。ワタシ何でもやりたがりで…」

 

 

 

「ほんま立派やったねぇ。忙しい中でどれも手を抜かずにしっかりやってたもんなぁ!」

 

 

 

「先生もお忙しいと思いますが、もうすぐ福井に帰るんで会いに行きたいです!」

 

 

 

「もちろん!楽しみにしてます!!」

 

 

…という、懐かしく嬉しい電話でした。

 

 

 

きっと麗らかお姉さんになっておられることでしょう。

 

 

 

 

 

生徒一人ひとりの人生に関わることのできて、こうして久しぶりに近況報告がもらえるのがこの仕事の醍醐味。

 

 

 

 

 

マナビス生のみなさんが、彼女のように笑顔の春を迎えられるように。

 

 

 

 

がんばるぞ。