立命館大学の入試担当者が登場!

センタープレ試験が終了。

「自己ベスト!」

「数学が難しかった。。厳しいス。。」

 

さまざまな感想と相談が入り混じっています。

 

いずれも共通して言えることは、ただひとつ。

「まだまだ通過点!ここから50日の過ごし方ひとつで、本番は大きく変わるぞ!」ということ。

 

例年の先輩たちも、順風満帆にいったケースはむしろ稀です。

伸びず、ヘタしたら下がってしまって、なぜ結果につながらないのか悩む。

悔しくて、不安で泣き崩れてしまう受験生もいます。

 

が、大切なのは「本番」。

今回もし失敗したならば、同じ轍を二度と踏まない覚悟でまた机に迎えるか。

原因を探り、ひとつひとつ潰して当日にピークを持っていけるか。

 

そんな不安と期待まっさかりの受験生たちへ、11月度ホームルームのお知らせです。

 

今回は2本立て。

ひとつは、立命館大学の入試担当者にお越しいただき、最新の入試情報についてお話いただきます。

 

厳しくなった私立入試。

「あくまで国公立志望。でも、本番の練習も兼ねつつ併願校を受験したい」というニーズの高い福井県。

だからといって、片手間で受験して合格できるほど甘くはありません。

 

併願校を受験して、きちんと合格をとる。

それが、第一志望現役合格にむけてどれほど大切なことか。

さらには、効率よく私大入試対策をする方法や戦略についても、入試担当者という視点からお話しいただきます。

 

ここだけの話!…もひょっとすると飛び出すかも。

あまり私大入試への対策へ時間をかけてられない受験生にとっては、必見です。

 

さらにもうひとつ。

こちらは井上から、昨年の先輩たちの成績推移についてご紹介。

 

結果としては現役で合格した先輩たちも、実はいばらの道のりを乗り越えてきました。でも、そんな苦労はなかなか見えにくいもの。それをズバッとお見せします。

 

特に今回のセンタープレ試験でうまくいかなかった受験生にとっては、大いに励みになる内容です。

 

校舎で時間はお伝えしていますが、あらためて以下をご確認ください。

 

★11月度ホームルーム★

11/20(火)

18:00~ マナビス四ツ井校(高3)

19:30~ マナビス藤島校(高3)

20:45~ マナビス藤島校(高1・高2)

 

参加をお待ちしています!