プレ受験生の夏へ。

 

高3の保護者懇談に折り重なるように、高2保護者懇談会がスタート。

 

 

 

 

 

「正直に言えば迷っています。医学部医学科に進んで医師を目指すか、機械航空系統に進んでエンジニアになるか…。」という2年生男子。

 

 

 

 

 

「高校入学時は迷いはなかったんですけど、自分なりに調べたり親とか先生とかいろんな人から話を聞いて…。悩んでます。目標が決まってないから、最近いまいちモチベーションも上がらなくて…。」

 

 

 

 

と、正直な思いを吐露してくれました。

 

 

 

 

 

「自分の人生。しっかり悩んで、様々な方からアドバイスもいただいて、最後は自分で決めてほしい。」というお母様。

 

 

 

 

大切な我が子の将来、そんなすぐに定まるものではありませんね。

 

 

いずれの学部についても、この夏オープンキャンパスでしっかりと確認していただく予定。

 

 

 

進路決定のきっかけになるよう、しっかりと下調べや学部見学の予約を取っていくようアドバイスをしました。

 

 

 

 

で、将来のビジョンを固めつつ『プレ受験生』の夏。

 

 

高2のみなさんには、「今年のうちに天王山の夏を体感してみよう!」と発破をかけています。

 

 

 

 

いくら夢や目標が決まったところで、それを目指せるだけの基礎力・習慣・覚悟がなければ達成は難しい。

 

 

 

目線は将来を見据えつつも、手元は地味で地道な知識のインプット&演習&復習を進めていく。

 

 

 

 

一年後の夏には、基礎の完成とともに具体的な志望校対策・共通テスト対策に着手していなければなりません。

 

 

 

 

新入試制度1期生ということもあって、現在の受験勉強に「乗っけていかなければならい」要素が。

 

 

 

だからこそ、基礎である土台をこの夏に固めて、得意は伸ばしきる。

 

 

秋からスタートする「受験勉強」に、耐えうるだけの知力・体力・精神力をつくりあげる夏休みです。

 

 

 

 

 

その具体的なナカミとやり方は、ホームルーム&月例面談で。

 

 

 

 

 

高2のみなさん。

 

『プレ受験生』としての学習と併せて、遊びも今夏のうちにしっかりと。

 

来年は、マナビスに『こもる夏』ですから。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、夏目前。

 

 

 

 

がんばるで~!!