高2=プレ受験生 です!

暑いですね。

「先輩が引退して、キャプテンを務めることになりました!」

と、真っ黒に日焼けした男子。

「でも、志望校の○○大も絶対あきらたくないです。将来は中学の先生になって顧問もしたいし…」と。

ふむ。

まさに、文武両道です。

「部活の練習がヤバい。夏の課題もヤバい。マジでヤバい。」

「てか、昨日の花火、ヤバかったよね~!!」

と、ヤバいを連呼する女子生徒たち。

語彙力がヤバい…でしょうか。

そんな高2生たち、この夏は「プレ受験生」です。

保護者の方のセミナーや、生徒向けのホームルームで繰り返しお伝えしてきましたね。

「プレ受験生」=「受験生なみの学習量と質を体感してみる」

具体化してみると、

「プレ受験生」=「1日11時間の学習時間を確保する(量)」

「プレ受験生」=「11時間の中で、マナビスの受講をガンガン進める(質)」

というもの。

来年の夏は、これが40日続きます。

少なくとも高2のうちに5日間はこれをやってみる。

今年筑波大学に見事合格した先輩も、

「あの夏の頑張りがデカかった。秋の模試で伸びたことも実感できて自信になった」

と。

彼はそこから勉強を加速し続けて、高3の5月ごろにはマナビスの授業の大半を修了。

じっくりと復習・演習・過去問に取り組んだことで、見事合格を勝ち取りました。

さぁ、いよいよ皆さんの番がまわってきました。

がんばるぞ。