涙。

 

春期総体、真っただ中ですね。

昨日井上はお休みだったので、生徒の活躍を見てきました。

 

 

 

午前中バスケットボールの応援へ、福井商業高校へ。

 

 

 

ともかくかっこよかった!

 

 

間近に見る、迫力満点のプレーに感動。

的確なパスと、スリーポイントをサクッと決めるマナビス生たち。

井上もかつてはバスケ選手だったので、つい熱くなってしまいました。

 

 

 

午後からは丸スポにてサッカー観戦へ。

県内最強の丸岡高校に挑む藤島生たち。

 

 

さすがに身体つきもスピードもスゴイ。

が、なかなか点が入らず緊迫感のある展開に。

 

 

マナビス生からのナイスパスがゴールネットを揺らしたものの、残念ながらオフサイド。

 

1-0という、最後までドキドキがとまらない素晴らしい試合でした!

 

 

家族で見に行きましたが、ふだんはウルサイ愚息も迫力あるプレーに圧倒されて見入っていましたね。

 

 

 

印象的だったのは、選手たちが流す涙。

高校入学後から、努力に努力を重ねて挑んだ試合。

 

 

 

真剣に取り組んできたからこそ、悔しい。

また、悔いなくやり切った!という達成感から生まれる涙なのかもしれません。

 

 

勝っても負けても、本当にすばらしい試合でした。

 

感動を、ありがとう。

 

 

 

 

さあ、受験勉強へ。

 

 

 

来春、笑顔の涙を流せるよう、ともにがんばろう。