センタープレ、面談・懇談・面談・懇談。

 

久しぶりのブログ更新です。

 

この時期、面談と懇談&そこに向けての準備でキリキリ舞。

 

 

 

 

バタバタとしているとあっという間に一日が終わってしまって、ブログにまで手が回らず。。

 

 

ダメだなぁ…、と思いつつも大切なのは目の前の生徒たち。

 

 

 

 

ま、この時期は更新頻度が下がっても仕方ありませんね。。

 

可能な限り、がんばります。

 

 

 

 

 

 

さて、先週末は「センタープレ試験」。

 

 

 

ふだん通っている高校での実施と異なり、センター試験当日と同様の大学会場での実施となりました。

 

 

 

 

 

さっそく自己採点シートを配布して聞き取りを。

 

 

 

 

 

 

「やりました。自己ベスト!でも化学は…」

 

 

 

 

「ちょっぴりだけど、伸びています!でも世界史はまだまだ伸ばせそう…!」

 

 

 

 

「やっぱり数学と国語‥。懺悔したらほとんど解けた問題でした。まだまだ詰めが甘いですね。。」

 

 

 

 

と、さまざまな感想が。

 

 

 

 

 

 

で、そんな面談もしつつ「志望校決定三者懇談」も進行中。

 

 

 

 

 

受験予定カレンダーを作成し、ご家族とともにさまざまなパターンを想定した戦略を練る会議です。

 

 

 

 

 

ここであらためて受験生本人・保護者のみなさまの想いがぶつかることも。

 

 

 

 

 

 

ふだん頑張っている我が子を前に、なかなか言いにくいこともこの機会にお話しいただくように努めています。

 

 

 

 

 

 

大切な我が子を、これまでずっと見守り支えてこられた保護者の皆様。

 

 

 

 

きっと、

 

「我が子の想いを尊重したい」

 

「できれば、こんな風に・こうなってくれたら‥!」

 

 

といったお考えがおありなはず。

 

 

 

 

 

 

受験を乗り越えた受験生たちは、まずご家族への感謝を体験談に記してくれます。

 

 

 

 

 

 

「うちの子、家ではほとんど何も言わなくて‥」

 

 

 

「成績もあんまり見せてくれないから、はたしてどんな状況なのかわからなくて…」

 

 

 

「いろいろ言いたいことはあるけど、嫌がるし…」

 

 

 

というお声をよくいただきます。

 

 

 

 

 

 

マナビスが、すこしでもその橋渡しとなれば。

 

 

 

 

 

目指すは来春の第一志望現役合格。

 

 

 

 

 

受験生と、ご家族と一体となってサポートします!