「マジでヤバイです!」

「マジでヤバイです!」という高3女子&男子。

高3生は第2回全統マーク模試の結果が返却されましたね。

で、例年どおり「ヤバイ!」という相談が続いています。

模試を受けて、復習をして、次の模試へつなげる。

まだまだ演習不足だったり知識の欠如が散見される現役生。

結果が出るにはまだまだ時間がかかる‥ということはわかってはいるものの、やっぱり不安ですね。

8月のホームルームでは、まさに今回の模試からセンター試験本番まで、合格した先輩達がどのような足跡をたどったか紹介しました。

結論から言えば、藤島校・四ツ井校の3年生は、この夏の模試から本番まで約100点伸ばす生徒が多い。

今年度・昨年度と統計を取りましたが、やはりそのくらいの伸びが期待できます。

(当然ですが、一生懸命努力した結果です。ボーっとしていて、ほっといても伸びる!ということでは決してありません)

先輩達も苦労して、壁にぶつかりながらも粘り抜いた!というのは大いに励みになった様子。

‥が、やっぱり結果をつきつけられるとあたふたしてしまいますね。

そもそも、模試の成績表、ちゃんと見ているでしょうか?

懺悔ファイルとは?という記事でも書きましたが、受験生・特に現役生は模試の結果を活用しきれていません。

点数・偏差値・判定・順位ばかりを見て、気にして、落ち込む。

「ヤバイ!こんな成績表、もう二度と見たくない!」と、保管ファイルに綴じられてオシマイ。

これじゃあ、次の模試で伸びるチャンスを失っていますね。

むしろ夏の模試は、「体力測定」の要素が強い。

短距離走はタイムが伸びてきた!

でも、長距離走のタイムはまだまだ。

つまりスタミナ不足。

腹筋は100回連続で出来るようになったけど、垂直跳びや反復横跳びはまだまだ‥と。

つまり、総合力をつける前の、各種目の出来不出来・完成度合いを測る時期。

弱点を計画的に強化して総合力がつけば、さまざまなスポーツに応用する強い身体がつくられます。

模試も全く同様。

判定や合計得点は、各教科・各単元の結果を総合したに過ぎません。

むしろ確認すべきは、成績表の「中面」。

「微分・積分」は満点だけど、「平面ベクトル」は半分も取れていない。

その原因は、根本的に理解していないのか純粋な計算ミスなのか。

時間が足りないことから焦って勘違いしていたのか。

自分に正直に、原因と結果を分析して記録しなければなりません。

自分の悪い成績や欠点と向き合うのは辛いこと。

複数の模試を受けると、調子が良くてA判定を取れることもあれば、調子が悪くてD判定になってしまうこともあります。

「D判定のほうは、ケアレスミスが多かっただけ」

「自分の本当の実力はA判定だ」

こんな見方で大丈夫でしょうか。

D判定だった模試で間違えた分野が、本番で出題された…なんてことはよくある話。

素直さ・謙虚さというのも、合格には必要な要素だと思います。

さらに模試の結果分析には、コツがあります。

そのあたりは校舎で。

実りの秋はこれから。

粘り強く、前を向いて、でも謙虚な態度で机に向かおう。