「まあまあです。」

 

進む春。

 

校舎では、新学年になって気合いの入った生徒たちが続々来校。

 

 

「課題テスト、どやった?」

「まあまあです。英数理は。国語がヤバイす。。」と。

 

 

「英語が失敗。範囲が広くなったのもあるけど、基礎力のなさを感じました。月末の模擬試験までには何とかします。」

 

「数学、解答欄は埋められたけど…。結果はまだわかんないっすね」

 

 

と、様々な感想。

 

 

 

保護者会やホームルームでも再三お伝えしてきましたが、勝負は「夏」ではありません。

 

 

 

そう、勝負は「春」。

 

 

ここでどれだけ強固な基礎力を身につけられるか。

 

 

きちんと単語を覚えて、計算力を身につけて、解法の引き出しを増やす。

 

 

一見するとあたりまえで遠回りに感じる地道な努力が、夏から秋・冬にかけての爆発につながります。

 

 

僕の敬愛する(ホームルームでも度々引用する)バスケット漫画「スラムダンク」より。

 

 

「下手糞の 上級者への道のりは 己が下手さを 知りて一歩目。」

これは監督である安西先生の言葉です。

 

 

井上自身が中学生でバスケットに勤しんでいたころからの、バイブルとなっている言葉でもあります。

 

 

 

大学受験における「下手糞」である現役生。

 

「上級者」への道のりは、まずは自分の「下手さ」を知る。

 

 

その上で、基礎基本の徹底を。

漫画のストーリーでも、主人公の桜木花道は基礎練習に追われていきます。

 

 

基礎練習の春。

部活の大会は目前ですね。

 

 

文武両道を加速させて、先輩たち以上のがんばりを!!

 

応援します。