「意外に休憩時間が長くて…」

今年も2日目。

マナビス藤島校・四ツ井校の受験生たちにとっては、「センター試験の2日目」でしたね。

 

元日からスタートしている「センター試験ファイナルテスト」。

 

2日間を走り抜き、いろんな感想が。

「意外に休憩時間が長くてビックリ。40分とか1時間20分って、持て余すし何を復習すればいいか悩みました」

「理系が2日間とも朝が遅いのは助かります。試験開始直前に、以前のHRで教わったアレを使ってチェックしたら上手くいきました!」

「物理と化学の間の10分間、トイレにいけないこと。わかってはいたけど、実際体感してみると結構厳しいす。最後やし精神的にも疲れてるし…」

 

高校やマナビスで「受験の注意」は聞いていたものの、実際にやってみるとまた新たな発見があった様子。

今頃は夕食を終えてホッとひと息つきながら、自己採点と復習に勤しんでいる頃でしょうか。

 

明日からは、藤島・四ツ井の両校舎で「解説講義」が始まります。

自己採点結果も忘れず提出してくださいね!

 

 

ちなみに…

今回のテスト、結果が良かった受験生へ。

 

素晴らしい。

力が付いてきた証拠です。

これまでの学習方法は間違ってはいない。

ここからは、じっくりと懺悔ファイルに取り組んでより強固なものへ!

 

 

そして、

今回思うような点数が取れなかった受験生へ。

 

一言で言えば、「本番じゃなくて良かった!」。

ただ、結果は冷静に受け止めてしっかりと懺悔ファイルを。

「1/19・20は、ぜっったい成功してやる!」

という想いとともに。

 

 

つまり、今回のテストは大切な指標ではあるものの「あくまで模試」。

 

 

本番に、取ったもん勝ち。

 

残された時間を有効に、前向きに頑張るぞ。