センター試験から、「大学入学共通テスト」へ。

 

受験生から電話!

「先生!関学受かりました!!」

「よっしゃ!よかったなぁ~!!」

 

 

さらに。

「推薦で岐阜薬科大合格しました!ほんとうにうれしいです!!」

「すばらしすぎる!おめでとう!!」

 

 

直後に校舎にて。

「先生‥。近畿だめでした‥。」

「倍率が厳しかったね。今週まだ結果待ちあるし、とにかく前期に向けて仕切り直すよ!!」

 

 

うむ。

毎年ながら、甘くはありません。

 

 

特に私立大学は、昨年から一気に厳しさを増しています。

というのも、そもそも募集定員に対する受験者数がすさまじい。

 

 

実質倍率10倍なんてあたりまえ、中には30倍を超える日程も。

 

 

30倍‥。

当然ですが20人の枠に600人受験する。

文字通り一点で明暗が分かれる戦いです。

 

 

併願校にマルが付かないと不安ですが、思い起こせば昨年の先輩も似たような状況が。

 

立命館・同志社に不合格で、広島大や千葉大へ挑む。

後がない状況で、全力を出し切って見事合格。

 

 

そう、勝負はまだこれからです。

 

 

で、ようやく本題。

今回も東京出張から学んだことについて。

 

 

校舎長会議では、新大学入試についての最新情報が共有されました。

そう、「大学入学共通テスト」についての分析です。

 

 

今回は河合塾・国語科の立川先生から、現代文について詳細に。

 

センター試験に取って代わる「共通テスト」では、現代文に記述式の問題が入ります。

 

文系生はもとより、理系生にとっては大きなネックになるであろう部分ですね。

 

一昨年と去年に実施された「施行テスト」結果をもとに、河合塾の精鋭講師たちが分析。

 

その詳細な内容についてのレクチャーに、メモが止まりませんでした。

出題傾向や解答に向けての戦略、そして自己採点のポイントなどについても。

 

 

おもしろかったです!

 

3月に「保護者会」を計画しておりますので、そちらで学んだことをお伝えする予定です。

 

みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

 

さて、今週はまだまだ合格発表が続きます。

 

 

合格を祈って、手元は地道な努力を続けていきましょう!!