「キミの心の中の東大」は、どこですか? 〜センタートライアル②〜

 

雪は降ったものの、降り続かないのが助かりますね。

思い起こせば、「まだ降るの…?」とゲンナリするほど降り続いた去年。

このまま平穏無事に2月が過ぎてくれればいいのですが。。

 

 

さて、先日の記事の続きです。

河合塾・玉置先生による、センター試験解説生授業。

 

 

ヒトコトで言えば、熱い。

いや、熱すぎる。

 

 

「やばかったすね~!」という男子。

※このやばいは、スゴイという意味です。

 

 

「感動しました。自分の甘さがわかった。単語がんばります!」という女子。

 

 

では、お待ちかねの玉置先生のお話について。

字面でお伝えすのが非常に難しいのですが、ポイントを箇条書きで。

 

・圧倒的に、知識が足りない

・単語帳は、5冊やれ(最低3冊はやれ)

・単語帳は、3月までに1冊終わらせよ

・3月までに、2000語の単語を「見ること」

・文脈で覚えるな、単語そのもので覚えよ

・単語の暗記は、最初はひとつめの意味だけでいい

・単語は、英語→日本語の一方通行で良い

・1冊目が終わったら、2冊目はより短期間で終わる

(同じ単語が登場するから)

・熟語は、3年の夏に集中的にやれ

・読解演習は、3年の夏に集中的にやれ

・いきなり読解だの速読だのするな、まずは単語から

・電車やバスで単語をやるな、むしろ文法をやれ

・単語はキチンと机に向かって、本気でやれ

・100wordsの英文に3%知らない単語があったら、読めない

・単語・熟語ができて、英文解釈をやれ

・受験は自己表現の場。そのために知識をつけて備えよ。

・センター試験第3問は、「慣れ」がいる

・センター試験の問題は、すごい

なぜなら、すべての力を測る要素がちりばめられている

・55万人も受験して、平均点が6割になる

= 偏差値30の生徒でもマルになる問題

= 偏差値80の生徒でもバツになる問題

・英語の筆記は200点を狙え。そのための準備と努力をしろ

・塾や予備校は「利用されるな、利用しろ」

・プロのアドバイスは、やっぱり聞いた方が効率が良い

・福井のすばらしさを、日本や世界に発信できる人材となれ

・そのためには、志望校に合格しろ

・心の中の東大はどこか。本気でそこに行こうとしているのか!

 

…と、書き出したらキリがありません。

 

字面では伝わりきらないであろう、ものすごく熱い・突き刺さるお話でした。

 

刺激を受けた2年生たち。

「英語も数学も、マズイ。時間が足りない。知識も足りない。このままじゃ第一志望どころか…。がんばります。」という男子。

 

いいキッカケになった模様。

 

がんばるぞ。