覚悟と、実行。

 

月例面談を進行中。

 

 

 

「来月は…、全統記述模試と名大模試と、定期テストと県記述模試。全統マーク模試は高校で実施されないみたいだからマナビスで。あと月末には高校で実力判定模試も…。テスト多すぎる~!!」

 

と嘆く、受験生その1。

 

 

 

 

 

 

「ここにホームルームでもらった計画表に準じて過去問もやる。できるかなぁ…。」

 

 

と、不安げな受験生その2。

 

 

 

 

 

 

「先輩たちから噂には聞いてたけど、ここまでとは…。やばいすね…。。」

 

と、もはや笑みがこぼれてしまった受験生その3。

 

 

 

 

 

 

 

模試やテストが続きます。

 

結果ももちろん大切ですが、中身の点検と復習を。

 

 

 

 

過去問も、計画的に進めていく以上は「懺悔」がモノを言います。

 

(何度もお伝えしていますが、「懺悔=模試や過去問の復習」です)

 

 

 

 

 

 

結果に一喜一憂することなく。

 

 

でも、志望校検討三者懇談における指標ともなる模試が続きますね。

 

 

 

 

これまでの努力の成果を、存分に発揮すべし!!…と発破をかけています。

 

 

 

 

 

 

さて、そんな受験生を横目に見つつ、いよいよ受験勉強スタートとなる高2生たち。

 

 

 

 

三者懇談では、あらためての確認を。

 

 

 

①第一志望、本気ですか?

最後まであきらめずに、そこを目指すことはできますか?

 

 

②10月から受験生としてのペース(90分×週5講=月20講)を実行できますか?

 

 

③それを、継続できますか?

 

 

④高校の勉強や、部活と両立できますか?

 

 

⑤あらためて、第一志望に向けての「覚悟」はありますか?

 

 

 

 

 

お父様・お母様の前で自分の思いを宣言する機会は多くはありません。

 

 

 

受験生としての、長くて険しいマラソンを最後までペースを守って走りぬくためにも、覚悟を。

 

 

 

 

それを、実行していく!という覚悟ですね。

 

 

 

 

幸いにも、どの保護者様からも「我が子の頑張りをサポートしてやりたい」というお言葉をいただいています。

 

 

 

 

 

 

さぁ、あとは自分次第。

 

 

 

 

 

志望校、下げますか?

 

 

 

 

最後まで、がんばりぬきますか?

 

 

 

 

 

マナビスが、みなさんの頑張りを全力でサポートします!

 

 

 

 

 

がんばろう!!