「数学やばかったス。ほとんど浪人生で…」

 

 

とある受験生から。

 

 

「先生!行ってきました!やばかったす!」と。

 

 

 

 

 

そう、彼はとある大学(超難関大学)の実戦模試(駿台予備校が作る大学別の模擬試験)を受験するため京都まで。

 

 

 

 

 

 

「朝5:30すぎに家を出て、帰宅したのが22:30すぎ。めちゃくちゃ疲れました…」とも。

 

 

 

 

 

 

「で、どやった!?」

 

 

 

 

「数学がやばかったす。見てくださいよ、この問題。ここから円が回転して…」

 

 

 

すると、隣で話を聞いていた友人が…

 

 

 

「でも、これってここをこうすればいけるんじゃないの?」

 

 

 

 

「そうなんやって!何とか気づけたんやけど、時間がギリギリで…」

 

 

 

 

「これは気づかないとダメでしょう!だって…」

 

 

 

 

‥と、小学生からの幼なじみだけあってお互いに遠慮なく議論を。

 

 

 

 

 

良きライバルですね。

 

 

 

 

さらに聞いてみると…

 

 

 

 

「ほとんどが浪人生でした。駿台予備校で受験したんですけど、駿台の浪人生は受験する会場が違って。めっちゃ多くてびっくりしました!」

 

 

 

 

 

目指す大学によっては、ライバルの多くは現役生のみならず。

 

厳しい戦いが待ち受けていることを実感した様子。

 

 

 

 

 

 

 

「でも、夏に比べて英国はかなり取れました!読めるようになってる実感もあるし!あとは数学と世界史を何とかして…」

 

 

 

 

 

 

と、今後のビジョンも見えているようですね。

 

 

 

 

 

まだまだ、道半ば。

 

 

 

 

 

我慢して、最後まで粘り抜いた受験生に笑顔の春が到来します。

 

 

 

 

 

 

がんばるぞ。