はじめての休校。

 

台風一過。

 

すさまじい被害をもたらした模様ですね。

 

被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げますとともに一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

さて、台風の襲来の前日である金曜日。

 

 

毎週の出張に出かけていて、

 

「こりゃ電車がとまったら困るぞ!」

 

と、いつもより早めに帰福。

 

 

 

 

無事に校舎に戻ると、やはり生徒たちも台風の進路について心配を。

 

 

というのも、高3生たちが土日に「全統マーク模試」を校舎にて実施する予定でした。

 

 

 

 

「明日朝来れますかねぇ?」

 

 

「帰りがやばそうです。母も運転あんまり得意じゃないから台風の中は嫌がるかなぁ…」

 

 

「〇〇塾とか●●塾も、土日お休みにするみたいです」

 

 

 

 

 

これまで「休校」という措置を取ったことがなく、あまり自分の中では選択肢になかったのが正直なところ。

 

 

 

 

いつぞやの大雪が続いた時にも、

 

 

「受験生が来るかも!こりゃあ応援するためにも開校するぞ!!」

 

 

と、ちょっぴり意地になって校舎を開けていました。

 

 

 

 

 

でも、あの豪雪の時は道路もボコボコで大渋滞。

 

ふだんなら20分で着く通勤ルートが、5時間以上かかって出勤していましたね。。

 

 

 

アシスタントアドバイザー(医大生)もなかなか来られず。

 

 

(そんな中、山崎先生だけはなんと自転車で来てくれました!あの時は本当に助かった。ありがとう!!)

 

 

 

 

 

生徒・保護者のみなさまはもちろん、スタッフの安全ということも鑑みると

 

 

「無理に開校して、何かあったらどうする?」

 

 

という懸念もあり、藤島校・四ツ井校としては初の「休校」という措置を取ることにしました。

 

 

 

 

ホームページでも告知して、校舎にいる生徒たちに声掛けをして。

 

さすがに休校前夜ということもあり、来校していないご家庭へお知らせのお電話を。

 

 

 

 

横江先生・北島先生と手分けしてのご案内で、無事に全ご家庭にお伝えすることができました。

 

 

 

 

幸い福井では大きな被害はなかった様子ですが、

 

「危機管理が問われる時代だからこそ、冷静な判断が大切だな」

 

と考えさせられる台風となりました。

 

 

 

 

 

被災されている方の中には受験生もいることかと思います。

 

 

 

一日も早い復旧と、受験勉強に集中できる環境作りを心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

模試はまだまだ続きますが、焦らずに一日一日を大切に。

 

 

 

 

 

がんばろう。