理系にしようと思います。

定期テストがようやく終了。

 

「中間テストよりも範囲が広くてタイヘン…。でも、手ごたえあります!全部埋めたし、確認する時間もあったし!」という高1男子。

 

この生徒、文理選択でずいぶん悩んで相談を受けていました。

「数学と物理が苦手だから…、理系に進むのが不安です。でも将来のこととか考えたら理系に進んだ方がいいし…」と。

 

う~ん、確かに得意・不得意だけで決めてしまうのはモッタイナイ。

「やりたいこと」や「将来の進路」という視点で考えていきたいところですね。

 

が、あまりにも苦手意識が強いのも不安。

「基礎ですらアヤしい自分が、将来入試レベルの記述式で解ける気がしません。。この夏からがんばらないと…」と言っていた冒頭の生徒。

 

今回のテストで少し手応えを感じた様子で、井上もホッとひと安心。

 

が、油断はできませぬ。

数学は難単元が並ぶⅡBの範囲がガリガリと進む。

理科も化学が始まり、来年は物理も理系分野へ。

 

毎日学ぶ内容が、全て2年後の入試へつながります。

 

新大学入試制度の一期生となる高1生。

制度が変わっても、求められるものが変わるわけではありません。

 

基礎的な知識を正しく使う、それを表現する力を養う。

強固な土台の上にしか、りっぱな家は建ちません。

 

砂上の楼閣?

いやいや、スカイツリー並みの高みを目指して。

 

地道に、丁寧に進めていきましょう!