「合格のビジョンが見えました…!」

 

雨の金曜日。

 

 

 

「先生~!びしょびしょになってしまいました…。靴の中に浸水してきて…。」

 

という高校生たち。

 

 

 

 

 

「風邪ひいたらあかんよ!ほい!タオル!!」という横江先生。

 

 

 

 

 

受験生はもちろん、高1・高2生たちも新人戦など部活動がより加速する時期。

 

 

体調管理も大切になってくる時期ですね。

 

 

 

そんな中、とある受験生が唐突に。

 

 

 

「先生。合格のビジョンが見えました…!」

 

 

 

「なぬ?!どういうこと??」

 

 

 

「僕の2次試験、計算したら理科で6割とれたら合格最低点に届くんすよ。数学が半分で英語が…(ここから約5分ほど根拠の説明に入りました)」

 

 

 

「ふむふむ!なかなかリアルな分析やんか!!」

 

 

 

「正直これまで理科がネックだったんですけど、やっと演習を積んできたことが形になりだして。この感じでいけば当日も!」

 

 

 

「すばらしい!そういう具体的な中身のあるビジョンが見えたのはすばらしい!!」

 

 

 

「ありがとうございます。じゃ、がんばってきます!!」

 

 

 

 

 

超難関大学を志望する彼ならではの、具体的かつ論理的な分析報告会となりました。

 

 

 

 

勝負はまだまだこれから。

 

 

がんばるぞ。