月例面談を実施しています。

 

河合塾マナビスでは、「月例面談」を毎月実施しています。

 

 

この面談、実はとっても大切。

というのも、いろんなチェック項目があるからです。

 

 

月例面談の冒頭には、生徒自身に「今月の振り返り」をしてもらいます。

 

「頑張れたこと」

「やりきれなかったこと」

「だから来月頑張りたいこと」

 

という、シンプルながら大切な時間。

 

毎月これまでの振り返りを確認しながら記入するので、中長期的なスパンでの振り返りと対策が可能になります。

 

 

 

記入が終わると、今度は井上から矢継ぎばやにチェック攻勢が。

 

 

「志望校に変わりはないか」

 

「キチンと学習計画は進んでいるか」

 

「マナビスの映像授業、キチンと予習・復習できているか」

 

「高校の進度との兼ね合いは大丈夫か。遅れたり、先に進みすぎたりしていないか」

 

「模試結果を振り返って、弱点はどのように補強していくのか」

 

「模試結果を振り返って、得意をいかにさらに伸ばしていくか」

 

「英単語や古単語は、どんなペースで進めるか。またどんなやり方が効果的か」

 

「プラスαの教材は、具体的に何を使うのが良いか」

 

「高校生活に変化はないか(部活を休部したり、彼女に振られてショックを受けたりしていないか)」

 

 

…などなど、短時間の面談でもたっぷりの内容。

 

 

自信を持って日々の勉強に取り組むためにも、ぶっちゃけた意見をぶつける場にしています。

 

 

この月例面談、マナビス生はモチロン、お問い合わせや体験にお越しいただいた生徒・保護者の皆様にも好評です。

 

 

というのも、「独りよがり」に陥りやすい受験勉強。

 

 

「このやり方で大丈夫か?」

 

「そもそも学習計画を立てるのがニガテ」

 

「計画を立てたとしても、誰かにチェックしてもらわないと継続できない」

 

 

といった悩みがあるからです。

 

 

 

 

河合塾マナビスは、トップ講師の映像授業だけではありません。

 

 

その素晴らしい授業とテキストをフル活用するために、現場でチェックする我々がいます。

 

 

プロのアドバイザーとして、一人ひとりの学習状況や志望校に向けての計画を練って、チェックする。

 

 

 

年々厳しさを増す大学入試、いっしょに志望校に向かって走りませんか?