「どうすればいいスか?」

 

先週、藤島校でのホームルームが終わってホッと椅子に座った瞬間。

 

 

「先生!どうすればいいスか!?」と、2年生男子。

 

 

「先月の面談で決めた、シス単・チャートの基礎演習・古文単語・高校課題・テスト勉強をしていたら受講が遅れてしまって…。」と。

 

 

がんばりたい!という思いはあるものの、高校と部活と受験勉強の両立は甘くはありませんね。

 

 

「じゃあ、できることとできないことを考えてみよう。シス単とかチャートって、塾でも自宅でも高校でもできるよね?」

 

「はい。」

 

「受講は?」

 

「マナビスでしかできません。」

 

「そうだよね。」

 

「う〜ん。でも模試の復習もしたいし、春休みにまとめてやっちゃダメですか?」

 

「うん。気持ちはよくわかる!でも、春休みは春休みでしたいことあるんちゃう?」

 

「あると思います…。」

 

「そういえば、先月の面談で春休みには物理の基礎固めをしよう!って話をしてたしね」

 

「そうすね…。やっぱりそれって先送りにしてるだけですよね…。」

 

「ホームルームで紹介したことがあったけど、金沢大学の医学科に合格した先輩って、2年のこの時期どんなペースやったっけ?」

 

「やばかったスよね…。忙しい状況は同じスもんね。。」

 

「すごいよなぁ。ホンマに立派やった。予定を終わらせたから、次何から手をつけたらいいか度々相談に来てくれてたもんなぁ。」

 

「ですよね。やっぱり2月中に遅れを挽回できるよう頑張ります。」

 

「それが正しい判断やと思うよ!でも受講するときはキチンと復習も!!」

 

「了解す。やっぱ合格したいんで。チャートとか単語は家でがんばります!」

 

 

というやりとりが。

 

 

忙しくて、ついつい後回しにするのか否か。

 

 

マナビスは映像授業だからこそ、前倒しも後ろ倒しもできてしまう。

 

 

 

でも、やっぱり合格した先輩たちは計画を守っていました。

 

 

 

さて、キミはどっち??