大学入試と高校入試。

蝉の鳴き声が響く午後。

午前中の部活練習を終え、ぞくぞくと高1・高2生が来校しています。

夏の課題に追われつつ、一学期の復習・弱点強化。

さらには、予習へとふみこむ計画を立てたマナビス生のみなさん。

オープンキャンパスに、花火に、海にプール。(デートも!?)

勉強に忙しい中で、青春時代を走りぬいてくれています。

さて本日のテーマ、「大学入試と高校入試」。

まずは高校入試。

振り返れば、とってもシンプルな選抜方法ですね。

藤島高校であろうが高志高校であろうが羽水高校であろうが、

5教科500点満点の共通問題。

科目も配点も同じで、勝負する相手は県内の同級生。

競争倍率も、1倍前後~1.6倍。

そこでどれだけの得点を重ねることができるか、で合否が決まります。

これが大学入試になると、一変。

まず、選択肢が一気に全国へ。

さらには、試験科目・配点にも大きな違いが。

例えば、京都大学と地元・福井大学の比較。

【京都大学 工学部 建築学科】

センター試験:200点満点(ボーダー得点率 85%)

二次試験:800点満点(ボーダー偏差値 65.0)

二次科目:英・数Ⅲ・国・物・化 の5科目

【福井大学 工学部 建築・都市環境工学科】

センター試験:900点満点(ボーダー得点率 63%)

二次試験:600点満点(ボーダー偏差値 47.5)

二次科目:数Ⅲ・物 or 化 の2科目

同じ学部・学科であっても、目指す大学によってこれだけ大きな違いが。

科目数・ボーダーライン・配点比率・出題傾向や頻出分野。

目標を定め、そこに求められている学習を計画的に進めなければいけません。

これを、高校の一斉授業で進めていくことは非常に難しいんだと思います。

さらにライバルは全国の同級生+先輩(いわゆる浪人生)たち。

中高一貫校や難関私立高校、予備校でブンブン鍛えられた受験生。

高校野球でいえば、地方予選と甲子園の違いでしょうか。

県内で一番強かった高校が、全国の猛者と戦うとなかなか勝ち星を挙げるのは厳しい。

でも、それを突破しなければ笑顔の春は訪れません。

学び、将来の職業、住む場所、出会う人…。

その決断が人生に大きな影響をもたらすであろう大学入試。

将来の人生設計だけに、じっくりと。

でも、合格するためにも一日も早く。

ともに考えていきましょう!