「ヤバイとしか言いようが…」

まだ雪の降らない2月。

去年はこの時期、悲惨でしたね。。

 

さて、先日実施した「センター試験トライアル」。

 

早くも成績表が届きました!!

 

生徒に渡しつつ、プチ面談。

 

「これは…。ヤバイとしか言いようが…。」と詰まる男子。

 

「あれ?あれれ?自己採点よりも30点も低い?なんで??」とパニックになる女子。

 

「英語はできました!そこは自信になったけど、数学…。」と。

 

実態としては、「初めて」センター試験に挑んだ生徒も多数。

過去問をやったことがなければ、マーク模試も受験したことがない。

 

「数ⅡBで、マークシートの選択に数字以外があることを知りませんでした…」という感想も。

 

 

「ヤバイ。とにかくヤバイす。いける大学がない!」

※この「ヤバイ」は、非常にマズイ状況であることを意味します。

 

 

あと一年を切った“新”受験生たち。

 

余裕は一切ありませんよ。

 

焦らず、地道に、計画に沿って実行する。

予定を変更する=受験勉強全体に遅れが出る、ということ。

 

 

 

さぁ、来年のセンター本番で何点伸ばせるかな?