いよいよセンターファイナルテスト!!

2018年も残すところあと数日。

寒波到来で雪もうっすらと積もり、いよいよ本格的な冬がはじまりますね。

 

高校の補習も終わり、朝いちばんから生徒たちが来校。

「模試の成績表をくまなくチェックしています。トータルでは成績が伸びましたけど、各教科の単元別で見ればミスも多い。懺悔ファイルを元に、復習します!」という2年生。

 

すばらしいですね。

3年生になって、受験勉強も加速して、模試を何度も受けてから「ハッ!」と気が付くこと。

「復習の大切さ」です。

 

ホームルームや面談で口酸っぱく伝えているだけに、2年のうちに着手できているのはとっても大きい。

その差は、時が立つごとに広がっていきます。

ぜひぜひ継続しよう!‥と褒めちぎりました。

 

で、センターの足音が聞こえてきた受験生たち。

いよいよ、「センター試験ファイナルテスト」が迫ってきましたね。

 

元旦と2日、センター試験本番と全く同じ時間割りで実施するテスト。

マナビス藤島校での一斉実施です。

 

センター試験本番、試験中はモチロン「休憩時間」の使い方も大切。

意外に長い試験の合間、どんな教材で何をするのか。

 

ひょっとしたら思うように取れなかったとき、どのように気持ちをリセットして次に向かうのか。

 

緊張から起こる腹痛や下痢止めの薬は、どんなものが効果的か。

 

理系なの理科・文系の社会は、2科目を一気に受験するため間の10分間はトイレ退出が認められていません。

つまり、130分間じっと椅子に座って気持ちを作らねばならない。

 

そんなこんなを実際に体感し、どう本番に挑むべきかを確認する意味合いもこめられた試験です。

 

例年、先輩たちはここで結果も出してきました。

これまでの努力の結晶を思う存分ぶつけよう!というかけ声の下、じりじりと頑張ってくれています。

 

もちろん、今回のテストで思うような結果が出ないことも。

 

大丈夫。

その時は、「あ~、これが本番じゃなくてよかった!二度と同じミスはせん!」という発想で。

 

 

いずれにしても、大切な試験であることは明白。

つまり、大晦日=センター試験前日!ということ。

 

ん?

 

紅白?笑ってはいけない??

 

今年はあきらめましょう。

 

地味で、地道で、丁寧な復習と確認で、センター試験「前日」を体験しておいてくださいね。

 

元旦の朝、校舎でお待ちしております!