「アナタの想いひとつで…」

 

三連休も最終日。

 

その中日である昨日、嬉しい出来事が。

 

 

 

 

 

「おはようございます。先生、お兄ちゃんが顔出したいって来てます!車で送ってくれたんですけど、今ちょっと大丈夫ですか?」

 

 

 

「なぬ!?〇〇くん!久しぶりやなぁ!!呼んできて!!!」

 

 

「はい!」

 

 

「…井上先生!お久しぶりです!」

 

 

「うわ~!久しぶり~!!元気にやってる~??」

 

 

「ハイ!…でも今月ちょっと金欠で…。栄養つけに実家にもどって来ました!!」

 

 

と。

 

 

 

 

固い握手とともに、久しぶりの再会で昔話&今の大学生活についての話に花が咲きました。

 

 

 

 

 

岐阜大学の共同獣医学科へ現役合格を果たした彼。

 

 

 

「獣医学科へ進学したい!」という目標をもってマナビスへ来たのが、高2の春でした。

 

 

 

 

獣医学科は、今も昔も変わらぬ人気&難関学科。

センター試験で鑑みれば、医学部医学科と大差はないほど高いハードルです。

 

 

 

当時の彼の学力からすれば非常に厳しい目標であり、だからこそ他の受験生よりも早めにスタートしよう!…という計画を立てました。

 

 

 

 

部活動も自分の判断で、高2のうちに退部。

 

 

 

 

「絶対現役で合格したい。獣医学科から変えたくない。」

 

という強い想いを持ち、努力を継続。

 

 

 

 

 

しかし、そんなに受験勉強は甘くない。

 

 

 

 

高2の2月、高3の5月・6月・7月・8月と何度模試を受けても、E判定。

 

 

 

 

それだけハードルが高いこともありますが、なかなか出ない結果にもどかしい思いもあったはずです。

 

 

 

 

 

 

が、「最後まで現役生は伸び続ける!」という発破をかけ続けて、11月のセンタープレ試験でようやくボーダーラインを突破。

 

 

 

 

 

無事にセンター試験本番では自己ベストをたたき出し、約8倍という倍率を突破しての推薦合格を勝ち取りました。

 

 

 

 

 

 

「先生や家族に励まされて、あきらめずやってこれて本当によかった。最高に嬉しいです!!」

 

 

 

 

合格の報告に来てくれた時のその言葉を、昨日の事ように思い出しました。

 

 

 

 

そんな彼の弟も、現在受験生として高いハードルに向けて頑張ってくれています。

 

 

 

 

「また帰省して暇な時には、マナビスでアルバイトせ~へん?」

 

 

「いいんですか?それめっちゃ助かります!でも教えられるかなぁ…」

 

 

「もう一回、勉強し直してもらわないとね!!」

 

 

 

と、笑顔で握手を交わしてのしめくくりでした。

 

 

 

 

 

で、その後は懇談ラッシュ。

 

 

 

とある高2生と保護者の方との面談の中で、お母様から。

 

 

「アナタの想いひとつ。志望校をどうするのか、そこに向けて努力するのかどうか。悔いの無いよう頑張ってほしい。私たちはそれをサポートするだけ。アナタの想いがあるなら、先生が組んでくださった計画でやりなさい。」

 

 

 

 

まさしく、卒業した彼と同じような状況にちょっぴり驚きました。

 

 

 

 

高い目標を掲げ、地道な努力を継続する。

 

 

青春時代のど真ん中、誘惑も多い中で自分の想いを形にするために。

 

 

 

 

 

マナビスが、みなさんの夢の実現をサポートします!!