アドバイス&アドバイス&アドバイス。

 

受験生たちは、続く模試ラッシュ。

 

 

 

 

 

「三連休は全日模試でした。マーク模試からのオープン模試。で、今週末は実戦模試。そして来週はいよいよセンタープレ試験。気づけば9月末から土日はずっと模試とかテストで…」という男子。

 

 

 

 

 

 

「噂には聞いてたし、先輩とか井上先生からも厳しいって言われてましたけど。。ここまでとは…。」という女子。

 

 

 

 

 

 

たまる疲労とストレス・寒暖差も相まってマスク姿の生徒もちらほらと。

 

 

 

 

 

がんばりどころですね。

 

 

 

 

 

 

で、昨日。

 

 

 

 

 

 

夕方出張先から校舎へ戻ると、アドバイスを求める受験生たちの列が。

 

 

 

 

 

 

「模試で国語めっちゃ伸びました!先生のホームルームで言われたやり方でやってみたら、9割越え!はじめてです!!」と嬉しい声。

 

 

 

 

 

 

「でも、得点源だったはずの英語で大コケ。数学も安定しなくて。。ここからどんな勉強をすればいいですか?」

 

 

 

 

 

「よし。じゃあ…」とアドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

「物理を重点的にやってきて、かなり力がつきました!大学別の模試でもかなり解けたし!でも、化学がまだまだで。あと5教科の学習配分と、センター・2次の学習配分どうすればいいすか?…あと、え~っと他にも聞きたいことが…」

 

 

 

 

 

「ふむ。じゃあ…」と、アドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

「推薦入試が目前。今私がやってるのはこんな感じで進めてるんですけど、あってますか?あと、センタープレも自己ベストを出したいんですけど、推薦対策との両立で悩んでいて…」と。

 

 

 

 

 

 

「よっし。じゃあ…」と、アドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

「面接と小論のネタが無くて…。準備したことを問われたら何とかなるんですけど。先生ならこの問いかけにどうやって応えますか?」

 

 

 

 

 

 

 

「そりゃあ、こういう感じで…」と、アドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

肌寒くなり、悩みや不安が加速する時期。

 

 

 

 

 

受験生のヒトコト目は、「やばいす。マジでやばいんです!」が決まり文句な季節ではありますが、我慢を。

 

 

 

 

 

 

保護者会では具体的な先輩たちの推移をご紹介しましたが、伸びるのは「ここから」。

 

 

 

 

 

 

「ほんとにまだ伸びるんですか???」

 

 

 

 

と度々受験生に問われますが、ホントです。

 

 

 

 

 

 

でも、それは第一志望に向けての対策を地道に継続した受験生だけ。

 

 

 

 

辛くて、しんどくて、もう志望を下げてしまいたい気持ちも生まれて。

 

 

 

 

でも、それをグッと飲み込んで、最後まであきらめずに走りぬく。

 

 

 

 

 

 

 

先輩たちも、苦労して乗り越えた受験ロード。

 

 

 

 

 

今日から、いよいよ「受験予定カレンダー」の作成面談もスタートします。

 

 

 

 

 

 

がんばるぞ。