4月度ホームルーム② 〜守・破・離〜

 

4月度ホームルーム① 〜守・破・離〜

↑よろしければコチラの記事からお読みください↑

 

続く雨。

外で練習をしている部活生のみなさま、風邪などひかれませぬよう。

 

 

さて、前回の続き。

 

今回は「守・破・離」における第二段階、「破」ですね。

 

 

「破」

次の段階で、指導者の話を守るだけではなく、破る行為をしてみる。
自分独自に工夫して、指導者の話になかった方法を試してみる。

 

 

スポーツなどでも「型破りなプレー」と評されるように、いわゆる常識から外れた、それを超えたレベルですね。

 

 

自分ならではのやり方、自分にあった・成果につながりやすい方法論とも言えます。

 

これは、スポーツだけでなく勉強や研究といった事にもあてはまります。

 

 

ご存知、iPS細胞でノーベル賞を受賞したの山中教授。

 

文系の井上にはサッパリわからない研究内容ながら、彼のファンで何冊か本を読んでいます。

 

 

で、「若い世代へ ノーベル賞科学者からの提言 〜科学技術で次の時代を切り開け〜」と題した対談で、こんなことを。

 

以下引用ーーーーーーーーーーーー

 

歌舞伎役者の5代目・坂東玉三郎さん(人間国宝)が京都賞を取られて、京都で授賞式に出たときにお話を聞きました。

 

そうするとやっぱり、彼は「型破りなことをやりたい」とおっしゃっていって。僕たちもやっぱり、型破りな研究をしたいんですけれども。

 

 

でも、彼がそこで言われていて、僕も本当そうだと思ったのは、「型破りになるためには、まず型をしっかり学びなさい。型をしっかり学んだ上で、それを破る努力をしなさい」と。

 

 

おもしろかったのは、「型をしっかり身に付けなかったら、それは型破りじゃなくて、かたなしや」と。でも、本当にそう。

 

 

私たち研究者も、やっぱり教科書も読み、論文も読むんですが、そういう知識がないと無駄になるかもしれないですよね。

 

その上で、常識を疑ってかかる。

それが研究です。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

ふむ。

 

人間国宝とノーベル賞受賞者の言葉や考えには、重みと深みがありますね。

 

 

では、受験勉強で言えばどうか。

 

やっぱり、まずは「型を守る」ということをしっかりやる。

 

前回の記事でも書きましたが、ここをサボるとまさに「かたなし」。

 

知識もやり方も定着していないままでは、型を破ることなんてできません。

 

 

で、型を守り抜いた受験生にやってくる「破る」瞬間。

 

毎年指導をしていて、模擬試験で一つ抜け出てくる瞬間。

 

基礎の醸成と演習・復習を繰り返したからこそ確立していく、「自分なりの勉強法や解き方」。

 

 

福井の高校生たちを見ていて、この「破」ばかりを追い求めて上滑りを起こしている生徒が多く感じます。

 

 

地道な努力の継続の先に、きっと訪れるであろうその瞬間までガマン。

それが「破」に到達する最短距離だと思います。

 

 

 

う〜む。。

またまた長くなりましたね。

 

 

 

次回へ。