2018年、ありがとうございました!

大晦日。

昨日で、マナビス藤島校・四ツ井校2018年の開校日が終了しました。

今年一年も、生徒・保護者のみなさまにはたくさんのご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございました!

 

で、年末ということもあって卒業生たちが続々と校舎へ。

「いや〜、帰省したのはいいんですがヒマすぎて…。何かお手伝いできること無いですか?」と、今年金沢大学医学部医学科に合格した先輩。

「いいの?じゃあお言葉に甘えてちょびっとバイトする?」と井上。

急遽、医学部を狙う受験生に向けたプチセミナーを開催。

この不安な時期の乗り切り方、具体的な勉強・復習方法、面接の準備と対策など熱心に話をしてくれました。

さらには、明日あさって開催される「お正月・センター試験ファイナルテスト」の準備もお手伝い。

「これ、去年僕も受けましたね〜!結果とかあんまり覚えてないですけど…」

「いやいや、自己ベストの90%超えやったやん!なんで先生の方が覚えてんねん!!」というやり取りをしつつ、一緒にテスト問題を準備しました。

 

今浪人中の卒業生からも電話が。

「しんどいけど、頑張ってます。この前のオープン模試でも良い成績だったし、今年は絶対京大生になって見せます!」と。

昨年、センターは大成功したものの前期試験で思うように力が発揮できず。

後期日程の神戸大学は合格を勝ち取り、悩んだものの京大を目指して奮闘中の先輩です。

「今年こそは!だね。本当に心から応援してます。何か困ったらいつでも電話してきてね!」とエールを送りました。

 

新受験生(高2生)たちも、頑張っています。

「北陸・関西地区の高2マナビス生平均受講数」を見てみると、藤島校・四ツ井校ともに11月・12月は優秀な成績が。

部活動の練習や大会が続いたり、定期テストや修学旅行がありながらも奮闘してくれた結果。

その頑張りは、必ずや夏に成果となって返ってきます。

この調子で進んでいきましょう!!

 

そして、きっと激動の年だったであろう高1生たち。

高校入試を終えてホッしたのもつかの間、高校の学習の厳しさに揉まれた一年でしたね。

部活や高校生活にも慣れて、でも勉強もどんどんハードになって。

新大学入試の一期生ということもあって、この冬にもたくさんのお問い合わせをいただきました。

たとえどんなに制度が変われど、求められるのは揺るぎない学力とそれを表現する力。

マナビスでは、小手先ではない知識と記述力を養うための指導を続けていきます。

 

 

今年一年を振り返りつつ書いていると、ついつい長くなってしまいました。。

 

あらためて、今年一年お世話になり本当にありがとうございました!

2019年も、マナビス藤島校・四ツ井校をよろしくお願い申し上げます。

 

寒くなりますのでお身体ご自愛いただき、素敵な年をお迎えください。