12月度 ホームルーム④~30日で伸ばす!~

よろしければコチラからお読みください↓

12月度 ホームルーム②~30日で伸ばす!~

12月度 ホームルーム③~30日で伸ばす!~

 

12月度HR、完結編です。

『スピード(速さ)こそが、クオリティ(正確性)』。

ということで、センター試験過去問演習は「マイナス6分」で取り組んでもらっています。

 

なぜマイナス6分か。

まず、最初の1分はいきなり解きはじめてはいけません。

必ず全体を俯瞰すること。

「フムフム大問1・2・3は例年通り。4は少し傾向が変わったかな?」

と確認しながら、瞬時に難易度もざっくり判断。

 

今年の現代文や、数年前の英語筆記のように、傾向が変わることもありますね。

最初にそれを確認して知っているのと、途中で気付くのではメンタルに差が生まれます。

 

で、終了5分前。

ここで、たとえ解いている途中であっても一旦ストップ。

チェックタイムに入ります。

そのポイントは以下。

① ズレはないか?
② 転記ミスはないか?
③ 修正したときに、上下も薄く消していないか?

「指さし確認」が鉄則。

そこで絶対にずれていないことを確認する必要があります。

これが5分前だからこそ、万が一ずれていても修正する余裕がある。

1分前に気付いても、時すでに遅し。

その科目の崩壊は、次の科目にも連鎖してしまう。

 

ということで、「あと少しで解けそうだから‥!」という思いがどれだけあったとしても、絶対に5分前には一旦チェックするよう指導しています。

 

つまり、センター試験は「54分 or 74分」で準備しておく必要がある!ということですね。

 

最後に、残された時間を少しでも有効に使うためのシートをご提供。

その名も、「2019 センター試験 ○○ %必達! To Do List 」。

 

具体的な使い方、先輩たちの成功事例もご紹介しましたね。

このシートについては‥、企業秘密にしておきます。

 

いよいよ勝負の時。

焦らず、着実に、自分のすべきことに注力。

 

伸びる時は、目前です。