「200点!?…でも課題も。」

 

去る日曜日は、共通テストトライアルでしたね。

で、3年生たちも高校で県模試(進研模試)の受験日。

校舎では自己採点シートを配布して、結果の聞き取りを進めています。

 

 

 

「えっ?数学200点!?ⅠAもⅡBも満点やったん!?」

 

「そ~なんすよ。マグレです。」

 

「いやいや!すごすぎるやろ!!」

 

「でも課題も。国語が壊滅しました。特に古文。あとは社会も悲惨で…。」

 

「懺悔やね!」(模試の復習ファイルのことです)

 

「ですね。国語ってどうすればいいすか?」

 

「それは…。」

 

というやりとりが。

 

 

 

 

いや~、満点はすばらしい。

いつももったいないミスをなくせ!と発破をかけているだけに、本人も自信になった様子。

 

 

 

 

 

で、直後。

 

挨拶をしても、いつもの元気がない女子生徒。

 

 

 

「どした!?模試思うようにいかへんかったか?」

 

「先生…。やばいです。悔しくて…。」と、頬をつたう涙。

 

 

 

「できたつもりが、採点したらミスでいっぱい落としてて。マナビスの友達みんな伸びてるのに、悔しくて…」

 

「うん。じゃあ…」

 

それまでの彼女のがんばりを評価しつつも、まだまだ手付かず・手薄になっている科目や範囲の確認と対策をアドバイスしました。

 

 

 

 

「もっともっとやります。本気でやります。」

 

と、前を向いた様子。

 

 

 

 

まだまだ、発展途上。

 

うまくいったり、失敗したりを繰り返しながら、前へ。

 

 

 

ぜったいにあきらめない気持ちだけを忘れずに、復習と演習を淡々と。

 

 

 

 

ともにがんばろう。